2018年9月20日木曜日

奥屋PAがセブンイレブンと松屋ができてるよ

山陽自動車道 奥屋PAにセブンイレブンと松屋が出来てました。
もう焼きサバとかラーメンとか食べられないんですね



前はポプラでしたが、セブイイイレブンになってます
中のレイアウト以前と違う配置ですね

セブンイレブンで
世羅福富堂謹製の酒まんじゅう買いました。
他とくらべれられないほどおいしいですよ

焼きサバ定食が無いので生姜焼きにしました


2018年7月6日金曜日

赤米が赤飯のルーツというのはうそです。だまされないように

赤米が現代の赤飯の始まりといった説は、うそですよ。

この説を唱える根拠は、科学的な根拠ではなく民俗学の柳田国男がいったからというのが、大概の方のよりどころではあるが、実は柳田国男は自らの説を否定しています。唯一の説の元が否定しているんですから、どうしようもないのですが。次のページで細かく赤米のことについて解説され、根拠となる出典も示されています。
赤米 黒米などと言われているコメが古代米などというのも科学的ではない。
なぜなら、籾は確かに保存には素晴らしい働きもありますが
何千年もいね籾を保存できるほどのものではない。
未だ古代の遺跡からもみ殻が出土し芽吹いたものはなく
当時の性質を現代に変わることなく伝えているコメはないので
古代米と称する品種はない。
古代の性質を伝えているのは赤米かもしれないが、古代米といえるものではない。これらは科学的なものに見せかけるエセ科学と言えるもの
マイナスイオンなどというのとおなじエセ科学用語

赤米から見た日本史
~コメを素材とした日本史授業の試み~
http://www.geocities.jp/tetsuyakuge/thema/akamai.html

今年は中止になりました平成30年・2018 祇園祭 御建神社 西条

中止になりました。豪雨被害お見舞い申しあげます、宵宮も渡御も行われません。

平成30年(2018) 祇園まつり西条・御建神社神輿渡御

7月13日(金)宵宮 午後6時より 屋台・ゲーム大会
         午後7時より 太鼓。囃子・神楽奉納
7月14日(土)渡御・本祭 神輿渡御
神輿担ぎ手大募集 問合せ 423-3253 御建神社社務所
(チラシ撮影 影廣研爾さんより)
例年の様子(参考)





2018年6月28日木曜日

誕生日はケーキを食べて祝う日に非ず。


誕生日に思う 罪業深重 煩悩熾盛 の この身

私は、大好きで尊敬する師の法話を母が亡くなるまで気づかすにいました。ケーキに纏わる母とのトラブルが子供のころありました。母が亡くなってインターネットで目につき始めたこの言葉。自責の念でいっぱいでした。私もフェイスブックで友達になった方の誕生日のお祝いに贈らせていただいています。解りやすく説くと、「誕生日ケーキを食べて祝う日に非ず 産みの苦汁を味わって産んでくれた母にこそ感謝する日である」薬師寺 元管主 高田好胤師の法話よりと贈らせていただきます。ケーキを食べるな?ハッピーな気持ちに水をさすなとおもわれたかもしれませんが中には心に響いたとよく教えてくれたと喜んでくださいます。意味の解らない方もいらっしゃるでしょうが、いつか理解できる日が来ることを信じています。門前の小僧より

2018年6月24日日曜日

河内町 大多和右馬介墓


河内町 大多和右馬介墓

パンフルートの演奏会があるので伺ったら予期せず。庭先にある宝篋印塔にであいました。


県道から見える演奏会会場 明日香
看板がちらっとみえます。

パンフルートコンサート会場 明日香

庭先に、一基の宝篋印塔があります。

敷地の下の大多和右馬介墓とありました。

元は何基かあったようです。
  大多和氏は桓武平氏系の三浦氏の流れ、相模国三浦郡大多和村(現在の神奈川県横須賀市太田和)の出です。大多和右馬介の墓、竹林寺の西峰山頂に松ヶ嶽城跡があります。大多和氏は松ヶ嶽城を築いたそうです。明日香というお食事処の庭先にある。宝篋印塔(ほうきょういんとう)。
 今はお食事処は営業されていないそうですが、奥さんにおききしたら、もともと山に壊れて荒れ果てて存在していたとか、お店を立てるとき、基壇も整備されて倒れた石を組みなおして現在のようにされたとか。東広島市内の大多和さんのご先祖様でしょうか。盆前にはお参りにこられるとか。

明日香まつり

第一部 柿谷航平 ギターインストロメンタル

西条出身の柿谷君、24歳だそうで若いのは羨ましい。
演奏は、すばらしかった。作曲したものと、アレンジ曲と
絶妙でよかった。

第二部 岩田英憲さんパンフルート演奏

シンセサイザーは菊池玲子さん




演奏がおわっての打ち上げ

打ち上げは楽しい