2017年5月26日金曜日

稲荷神社 下見

稲荷神社(いなりじんじゃ)

場所:東広島市西条下見5丁目
祭神:宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、豊宇気神(とようけのかみ)、稲荷大明神(いなりだいみょうじん)
創立不明、五穀を司る神として信仰されてる。
下見村村社であった。
元は、溜池の傍の湯船山に建立されていたが、広島大学移転に伴い現在地に移された。
稲荷大明神(宇気母知(智)神(うけもちしん)・保食神)・豊宇気神が祀られているため、学業成就の信仰もある。




花の匂いは 母のにおい 甘えよし 一芽

春惜しむ 月ある宵は なほのこと 一芽
宮司 景山英俊さんの建立
 

境内には2基の句碑がたてられている。
下見地元の光岡始さん(画家・俳人 俳号は一芽(いちが))の句です。
※光岡始(みつおか はじめ)広島文教女子大名誉教授・褒賞・広島文化賞受賞(
第7回 昭和61年度 美術/絵画)・長年広島少年院で、俳句を教える。


※景山英俊(かげやまひでとし) 叙勲・広島文化賞(第四回昭和58年度 生活・地域文化/文化振興・修道教頭・八本松町教育長・東広島郷土史研究会初代会長